読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

投資の入門

 

Your time is limited, so don't waste it living someone else's life.

     

                                                                                         - Steve Jobs 

 

 

 

時間は限られているんだ、だから誰かの人生のために生きそれを無駄にしてはいけない

 

                      -スティーブ・ジョブズ

 

 

 

 

 

 

 

資本主義の罠ともいうべきか、労働者のラットレースは働いている人であれば、気づくこともあるかもしれません。ラットレースとはつまり、会社で雇われ労働者として働くだけでは豊かになれない。つまり、所得の低い人はもちろん、高所得の人でさえお金の収支に関しての知識(ファイナンシャルリテラシー)がない限り、ハムスターが回し車の中で走り続けるように、いくら全力で走り続けても脱出することはできないということです。

 

 ミリオネア(億万長者)を目指すかは別にしても、自由と心の安定を手に入れるにはお金をコントロールする力が必要だということです。

 

 

改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)

改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)

 

 

 

Rich Dad Poor Dad: What the Rich Teach Their Kids About Money--That the Poor and Middle Class Do Not!

Rich Dad Poor Dad: What the Rich Teach Their Kids About Money--That the Poor and Middle Class Do Not!

 

 

 

 

 これは以前にも「自由に生きるためのお金」紹介した「金持ちと父さん、貧乏父さん」の中で紹介されている内容ですが、著者であるロバート・キヨサキは2冊目の「キャッシュフロー・クワドラント」で収支の流れ(キャッシュフロー)を4つに分けて(クワドラント)説明しています。具体的な投資方法には触れていませんが、投資の目標設定やどのように投資を始めていけば良いかについて触れています。働き方を考えたい人には必見の本です。

 

 

 

 

 

以前紹介したkindle では英語版以外購入できないですが、自分はどんな働き方をしたいのか考えるきっかけになります。

 

 

 

Rich Dad's CASHFLOW Quadrant: Rich Dad's Guide to Financial Freedom

Rich Dad's CASHFLOW Quadrant: Rich Dad's Guide to Financial Freedom

 

 

 

 

 

ロバート・キヨサキは不動産投資を勧めていますが(別冊)、日本でそれと同じことができるかは正直疑問だと思います。しかし、自分の働き方を考えるにはいいきっかけになること間違え無し。

 

 

女性の方にはさらに朗報です。もちろん、男性が読んでも十分参考になると思いますが、ロバート・キヨサキの妻で投資家のキム・キヨサキが女性の目線で執筆している本があります。

 

「リッチウーマン—人からああしろこうしろと言われるのは大嫌い!という女性のための投資入門」

 

リッチウーマン―人からああしろこうしろと言われるのは大嫌い!という女性のための投資入門

リッチウーマン―人からああしろこうしろと言われるのは大嫌い!という女性のための投資入門

 

 

 

なぜ投資は男性のものだと考えらるのか、そして、今なぜ女性に投資のノウハウが必要なのかについて書かれています。多様な生き方を迫られることの多い女性、これからは男性ももちろん様々な生き方を選択できるようになるべきだと思います。金銭的な安定が心の安定をもたらし、本当に大切なものが見えてくると分かります。

 

 

 

 

これは私自身が体験したことでもあります。世界・地域経済の翻弄の中で自分の進むべき道を模索することに奮闘する人達にたくさん出会いました。この話はまた今度にしますが、上記の本は一つのヒントになると思います。