読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東欧のおもてなし「あなたは私のゲストです」

 

 

Take care to keep open house : Because in this way some have had angels as their guests, without being conscious of it .

 


                                  

 

                   Hebrews 13:2.” 

                          ― Hebrew Bibles

 

 

 

 

 

家の門戸は常に開けておきなさい。

気づかぬ間にゲストとして天使を迎え入れているかもしれないから。

 

 

            

                           ー旧約聖書

 

                   

 

 

 

 

カッパドキア、トルコ 

 

 

 

 


旅をするとここは私の場所だ。

もしくは私には合わない場所だ。
と感じることがあります。


私の場合、自分の場所だと感じられるのは、東欧の地域です。

以前に紹介しているトルコロシア今後紹介する予定のジョージアなどです。
これらの国は心からどうしても離れません!

 

 

以前のトルコとロシアの記事

 

s-mic.hatenablog.com

 

 

s-mic.hatenablog.com

 

 

s-mic.hatenablog.com

この他にもありますので興味のある方は検索もしくはカテゴリーをご利用ください。




私が3国をこよなく愛する理由

それは、ホスピタリティーに溢れる地域だからです。



私は幸運なことに様々な地域に友人を持つことに恵まれましたが、
これらの地域を訪れ友人と再会する時ほど心地よく感じたことはありません。


それは、そこにいる友人たちがこんな言葉をくれるからかも知れません。


You are my guest.
(あなたは私のゲストだよ。)


この Guest (ゲスト) には
もてなされる客という意味があります。


これらの地域には伝統的に遠くからの来訪者を歓迎する文化があります。
自分にとって精一杯の力で相手をもてなすことが彼らにとって栄誉なことでもあるのです。

ただし、どこまで相手をもてなすかは個人の自由ですしトルコでは「ゲストは3日間」なんて言葉もあるようにいつまでもというわけではではないです。

 

幸運なこと私の友人たちは私をとても大切に扱ってくれました。
そのおかげでこれらの地域では数えきれないほどの感動と感謝してもしきれない優しさをもらいました。

こんな言葉を何度となくもらうたびに

そんなに優しくしてもらても返しきれないよ

という私に

You don't have to pay me back.
 (私に返す必要なんてないよ)


Pay forward
(つなげて)


と言ってくれました。



Pay forward...


私の大好きな言葉です。


英語で「恩返し」や「仕返し・復讐」なんかの返すことを

Pay back

と言います。
つまり、対価を返すイメージです。


それに対して


Pay forward


前に対価を支払うイメージ


親切は人の為ならず」と日本語でも言いますね。

つまりはこのことなのです。

優しさを次へと繋げていってね。

という意味です。