スイス世界遺産のワイン畑 ~ラヴォー~

 

Beer is made by men, wine by God.

 

                                                               

                                                                    ― Martin Luther

 

 

 

ビールは人の手によって作られたものだ。

ワインは神の手によって作られたものだ。

 

 

                  -マーティン・ルーサー

 

 

 

 

スイスといえば何をイメージしますか?

チーズとか時計とかですか?

 

 

グリュイエール、スイスのチーズ工場

 

 

もちろんそれだけではありません。

ワインも有名なんです!!
ただ価格がさすがスイス、ヨーロッパ一物価の高い国なだけあって

フランスやドイツ、ポルトガルのものと比べると価格が高いので有名度は少しさがりますが、白ワインの名産地アルザスにもほど近い地域は特に美味しい飲みやすいワインが飲めます。



そんなスイスのワイン名産地の一つヴヴェイを紹介します。
世界遺産のワイン畑と美しい村々の並ぶラ ヴォーの一部のです。



18232210

(c)MIC  ー写真素材  PIXTAー

ヴヴェイ、スイス

 

 

日本人観光客は少ないですが、外国人観光客はちらほらいます。

白ワインの生産の多くを担うのがラヴォーと呼ばれるワイン畑の地域です。

 


スイス人によるとラ ヴォーはロザンヌから奥へ、山(丘の方が合っているかもしれませんが)の上へと行けば行くほど美しくなるそうです。

 

数ある村々の中でもおススメは
ヴヴェイと呼ばれる場所です。





 

f:id:s-mic:20161008222050j:plain

 


なぜなら観光パスが使えるからです。
先ほども少し触れましたがスイスはとっても物価が高いです。



普通の電車に30分も乗って他の町に行こうものなら、5000円くらいはかかってしまったりします。



でも、観光客には少し高すぎるということで、ホテルやユースホステルに滞在すると、市内とその周辺は無料で公共の交通機関を利用できる観光パスをくれます。
もっとも、スイスはとっても小さい国ですし、町も小さいので、半日~2日もあれば町中散策できます。



ヴヴェイはロザンヌに滞在している人なら無料で行ける範囲のギリギリラインです。
私はロザンヌに滞在していたのでこのヴヴェイ駅からさらに奥へ散策しに行きました。

そして、お土産のワインもしっかり購入しました。

ここでワインが買えたのは私の運もあったのですが。。。<3
というのも、バーあってもこの生産地でお店はなかなかワインを売るお店は見つかりません。
世界遺産のワイン畑ではありますが、観光地化はされていないんです。
そのため私は偶然道で出会ったワイナリーを営む方から、直接購入させいただきました。
 
 
 
お値段1本10フラン(約1,400円)と12フラン(約1,600円)でした。
日本で考えれば、そこまで高い気はしないかもしれませんが、ヨーロッパではなかなか高いです。しかもここ生産地ですから。
でも、このワインは軽口でとても飲みやすかったです。
 
他のワインの生産地も今度紹介します。
 
 

スイスの白ワイン