読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インドコメディーの最高峰「きっと、うまくいく」

 

映画は好きで、仕事のある今でこそ観られる数は減ってしまいましたが、学生の頃は夜な夜な映画を週に5~10本観ていたほどです。笑

おススメ映画もこれから紹介します:)

 

記念すべき1回目はコメディー<3

インド映画の最高峰コメディー映画を紹介します。

 

とその前に、せっかくなのでハリウッドお気に入り映画を紹介します。

ハリウッド映画のおススメはいわゆるジム・キャリーシリーズ。

彼の映画は外さないですよね :)

 

その中でも一番のおススメは「ブルース・オールマイティ

人生もういや!神様なんかどうせいないんだろ!

主人公がやけになっていると、まさかの自分が神様になっちゃっいました 笑

全能の神になった主人公はもうやりたい放題です。

でも、なんでもできる力を手に入れて世の中を好き勝手に変えてみたのはいいけれども、それには代償がありました。力を持つことには責任を伴います。

彼が失うものとはいったい。。。

彼は結局幸せになれるのでしょうか?

思うように変えてみて分かった真実、そこが見どころです。

ハートフルな結末で笑いだけでは終わらせないのがこの映画のいいところです<3

ぜひ最後までお楽しみください :)



 

ブルース・オールマイティ ミラクル・エディション [DVD]

ブルース・オールマイティ ミラクル・エディション [DVD]

 

 



さてさて、お待たせしました。

ハリウッドももちろんいいですが、やっぱりノリに乗ってるのはボリウッドではないでしょうか?

ボリウッドという名前にはまだ馴染みの無い人もいるかもしれませんね。

ボリウッドはインドのハリウッドだと思ってください。

その名もボンベイ(現ムンバイ)とハリウッドを掛け合わせたものだそうです。笑

 

さて、インド映画といえば

 

1.文化的表現が難しい

2.いきなり歌と踊りが入る

 

なんてイメージはないでしょうか?

確かに、私がこれから紹介する映画にも歌と踊りはやはりあります。

でも、ちょっとした皮肉のセンスさえあれば十分楽しめる作品です。

 

きっと、うまくいく

この言葉が終始キーワード!

3人の超エリート大学に通うおバカ(?)学生が繰り広げる超爆笑ストーリー。

10年前の学生時代とランチョーを親友2人と自称彼のライバルが追う現代が交錯します。

もちろん、ロマンチックなラブストーリー部分もあります。

3時間近い映画で上映時間は長めですが、全く見飽きません。

しかも、ただ面白いだけではなく、現代のインドにある教育問題や競争社会にちゃんと問題提起してます。

ただの、中身のないお笑いじゃないところがこの映画の良いところです。

これは数年来のおススメ作品なので是非観てみてください。

 

 

 

 

きっと、うまくいく [Blu-ray]

きっと、うまくいく [Blu-ray]