とりあえず、オーストラリアに来てみたらこうなった。

 

 

9月の中旬にワーホリでケアンズに来てみました。

予定なし、事前準備なし、特にお金もなし。

なしなし尽くしですが、とりあえず来てみました。

 

 

来る前の記事

1)とりあえず、行こうとしてみたらこうなった。 - FREE MOVER

2)とりあえず、オーストラリアに向かってみたらこうなった。 - FREE MOVER

 

 

さて、オーストラリアの「ケアンズ」と言えばグレートバリアリーフの玄関口として有名なリゾート地ですね。残念ながら、多くのサンゴ礁は白化して(死んで)しまったと言われています。しかし、それでもとても綺麗な海でした。ただし、一番はやはりモアルボアルというフィリピンのセブ島にある海でした。

 

 

関連記事

1)グレートバリアリーフの終り ~2,500万年の旅~ - FREE MOVER

 

 

 

諸事情から、観光シーズンを過ぎて訪れたこともあり、正直仕事を探すのは大変でした。どうやら、この時期は外国からの観光シーズンがピークを過ぎるとともに、南半球に位置するオーストラリアは夏に向かうので、バックパッカーたちが日の光を求めて、より暖かい北へ向かうようです。日々仕事を探して訪れるバックパッカーにうんざりしているためか、人が必要であればいつでも雇える環境であるためか、シティーのローカルのホテルはやカフェではなかなか仕事は見つかりませんでした。

 

オーストラリアで仕事を探す場合

 

1)下記等のサイトを利用する

Gumtree

Indeed

Heys

 

 

2)日本人向けサイトで探す

日豪プレス

リビングインケアンズ

 

 

 

3)直接レジェメを渡しに行く

 

 

というのが一般的ですが、ケアンズの場合は3)の直接お店に渡しに行く方が良いようです。

余談ですが、9月にはほとんど見つけられなかった求人も10月に入るとちらほら見受けられたの、もしかしたら、10月に入ってからの方が職探しは無難かもしれません。

 

私自身はというと、5日ほど職探した結果。結局のところ職探しは中断し、観光モードに入り、10月からメルボルンに住み始めました。

シティーを回る中で、ケアンズのことはとても好きになりました。とてもゆっくりしていて、人は優しく、治安も良い。ただ、生活するとなると、観光以外にすることが見当たりませんでした。イベントやミートアップを探しましたが、あまり多くないですし、車が無ければローカルの人が住むような郊外に住むのもやはり不便。

というわけで、舞台はメルボルンに移ります。

 

今後、このブログではケアンズでの観光やローカルスポットを紹介してから、メルボルンでの生活に移ります。

しばし、ケアンズの情報をお楽しみください。

 

 

 

 

エスプラネード ボードウォーク