灯籠流しの裏話

 

ずいぶん前の記事になってしまいましたが、せっかくなので裏話を紹介します。

私の実家の近所では、お盆の締めくくりとして、「灯籠流し」があります。

数年前に祖父を 亡くした私たちは、祖母を連れてこの行事へ参加します。

真っ暗な夜に、ほの暗いロウソクの揺れる光が川に浮かび、大切な誰かを見送る人々の顔がかすかに照らされます。

暖かな光を持って死者を見送ることで、僅かだとしても、心に希望や未来、生前の愛を残してくれる気がしました。

これを、海外から引っ越してきた友人に伝えたくて、この記事を書きました。

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

Everything that starts has an end.
At the end of お盆 (obon ) we hold an event called 灯籠流し ( To-ro-nagashi ).
This is to send back ancestral spirits to the other world.
灯籠 ( To-ro or 'Candle-lit lantern') is written on with a name of someone who has passed away , and is placed in the sea or the river by people who have lost the loved ones.
We also have 精霊流し ( sho-ryo-nagashi) in Nagasaki prefecture and in some others.
In this event people float boats with lit Japanese lanterns on the river or on the sea.

 

Light is great.
The sunshine lights you up even when you are bothered by things that make your heart sink during the darkest night.
The stars show you the way when things get hard.
The floating dim light of candles stays in your heart, and act as a glimmer of hope for when you are lost...

 

 

 

Related Story

お盆 ~ Waiting to Welcome You Back ~ - SAKURA DROPS

 

 

 

 

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

始まるもの全てに終わりはある。
お盆の終わりには、「灯籠流し」という行事を行う。先祖の魂を霊界へ送り返すためだ。
灯籠には故人の名前が書かれ、その愛する人を失った人達によって、海や川に浮かべられる。
「精霊流し」と呼ばれるものもあり、長崎などで行われる。この行事では船に提灯を乗せ、川や海へ流す。

 

光とは偉大なものだ。
日の光は、深夜には落ち込むようなことに悩まされる時でも、元気づけてくれる。
星は、辛い時にあなたを導いてくれる。
その流れるほの暗いロウソクの光は、あなたの心に留まり、途方に暮れる時にかすかな希望の光となってくれるだろう。

 

 

 

関連記事

お盆 ~ Waiting to Welcome You Back ~ - SAKURA DROPS